上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
fortune

隠れ屋みたいな店。
ほんとに流行らせようと思ってる?な店構え。
一見、普通の民家の横に駐車場があるんだけど、看板がよく見えない。
場所を知ってても、うっかり通り過ぎてしまうことあり。(笑)

fortune2

店の中も薄暗く、狭い。
でも妙に落ち着くのは、雑然としつつ、一つ一つがセンスいい小物を置いてるおかげかな。
低いソファと低いテーブルでゆったり。
この居心地の良さで、多くの固定客をつかんでいるらしい。

「無国籍喫茶」ということになっている。
東南アジア料理メインで、グリーンカレーが名物。
切り盛りしてるお姉さんが、板前さんみたいなエプロンしてて、かっこいい。

fortune3

おまかせのランチセット。
お盆に載りきらなかった左奥の肉団子は、中華な感じ。
白いご飯と味噌汁は和風~。
辛かったり、酸っぱかったり、9品ついてるおかずの味が混じることなくきっぱり。
ご飯、いくらでも食べられちゃう。

fortune4

デザートとコーヒー付きで、1,000円ちょうど。
辛さの残る口の中に、アイスクリームの濃厚な甘さがふわ~っと広がる。
苦めのコーヒーで、すっきり。
また来よう♪な店。
2008.11.28 Fri l 雑記2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top
tsuruya1

糸井重里さんが「疲れると、うつになる」ということを日記に書いていた。
なるほど、その通りだと思う。

ということは、逆もまたありかな。
疲れが取れれば、元気になる?
あるよ、これある。

実は、かなり疲れてました。
それで今日は、温泉旅館の日帰りコースというのに行ってみたのです。
本当は一泊できればいいんだけど、主婦が夜に家を空けるというのは、なかなか難しいものがあるので。
将棋の駒で有名な天童市。

3,800円。
それで15畳の部屋を使えて、お風呂とお昼ご飯付き。

安いんで、お料理はあまり期待してなかったんだけど…

tsuruya4

わ~い!

tsuruya5

こういう何品も少しずつ料理が出てくるのって、とってもうれしい。
豆乳にコラーゲン入りという鍋で、ほかほか。

tsuruya7

この後に、お蕎麦とか、芋煮とか、じゃが芋の茶碗蒸しとか、デザートも。

tsuruya6

お風呂がまた、壁も床も湯船も檜を使っていて、すごく香りがいいの。
露天風呂は、きれいに整えられた庭を眺めながら、朱塗りの湯船でお姫様気分。

tsuruya3

たった3時間。
すっかり元気になりました。
2008.11.25 Tue l 雑記2008 l コメント (2) トラックバック (0) l top
lunch

一年ぶり。
店の前に駐車場がないから、ちょっと行きにくいんだよね。
おいしい店なんだけど。

ランチは安くてボリュームあって、花マル。

purin

デザートのマンゴープリン。
マンゴーを細かく切ったものが入ってて、ちょっと楽しい食感。

私はこういうのに付いてくる、缶詰のサクランボは食べない。
でも、これが好きな人がいてね。
「何で残すの?!」と怒られてしまった。
「あげる」と言うと、喜んで食べてくれた。

“ピントビージョ”で、ミントの葉っぱを食べてた友人である。
人の嗜好って、おもしろい。

それと同じように。
私を嫌いな人がいても、私を好きでいてくれる人もいるといいな。
と思う。
2008.11.17 Mon l 雑記2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top
kadoqu

米沢市にあるお蕎麦屋さん。
でも、ここでお蕎麦を食べたことない。(笑)
メニューにはあるんだけど。

ここはラーメンですよ。
米沢ラーメン。

「そば」と言うと日本蕎麦を思い浮かべる人が大多数だろうけど、山形ではラーメンは中華そばで「そば」なのであります。
日本蕎麦は「黒いそば」と呼んで区別することもある。
だから、蕎麦屋にラーメンもある店が不思議でなく存在する。

yonezawa

米沢ラーメンの特徴は、加水率の高いちぢれ麺。
鶏ガラと煮干などのスープはあっさり。
この絶妙なバランスがいいんだな。

mangiri

ここの店主さんは三代目なんだけど、先代から伝えられたものを大事にしつつ、新しいものに挑戦する姿勢を持っている。
オリジナルメニューのひとつ。
米沢牛まんぎりら~めん。

すき焼き用の米沢牛を独自の味付けでソテーしたものをたっぷり。
絶品は半熟の煮卵。
どうやっているのかわからないけど、白身だけでなく黄身にも味がついている。

「まんぎり」というのは、米沢弁で「完璧」の意味。
満腹、満足、満悦の一品。
2008.11.06 Thu l 雑記2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top
sakuranbonoie

障がい者の作業所のひとつ、S園の商品。
手作りの陶芸品で、揃いの品物が作れるってすごいことなのであります。
ここはレベルが高い。

一番下の段の、三日月と葉っぱが組み合わさったようなお皿が気に入りました。
作品名は「月」となっていました。
組み合わせると、満月なんだね。

さて、その後はランチ。

pinto

pinto1

いつも気持ちいいイタリアンの店。
“PinTo.Be.Jo”
本館で一度、紹介したことあったね。

pinto2

オードブル、鯛のカルパッチョ。
私も鯛茶漬けばかり作ってないで、これくらい作らなくちゃですわ。

pinto3

イカと里芋のスパゲティ。
こういうふうに里芋を使うのは思いつかないなあ。
外食は、いいお勉強になるね。
(…と、家で作りたくない時の言い訳ひとつ)

pinto4

ドルチェ。
やっぱりランチには、デザートとコーヒーがついてて欲しい。

それで、こういうのに乗ってくる「ミントの葉っぱ」について意見が分かれた。
4人で行ったんだけど、二人は食べない派。
私は気分で食べたり食べなかったりする。
あとひとりがミント大好きで、食べない二人からもらっていたので、私のもあげた。
「おいしい~」とひとり満足気。

こうして4人で最初から最後まで何も残さず食べきり、飲みきり。
気持ちよく店を後にしたのでした。
2008.10.28 Tue l 雑記2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。