上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
water

水分の摂取制限で喉の乾きに苦しむ力石。
一杯の白湯を差し出す葉子。

葉子と白湯というと、有島武郎の『或る女』にも同じ組み合わせがある。
主人公の女性の名前が、葉子だった。
越後屋で買い物して帰ってきた葉子が、白湯を飲むシーン。
「葉子は自分の部屋に行って懐中物などをしまって、湯飲みでなみなみと一杯の白湯を飲むと、すぐ二階に上がって行った」

力石に白湯を差し出すシーンで、葉子が力石の目の前でこれやったらどういう展開になったかな。
などとバカな連想しながら、おやつをつまみたい気分をまぎらわす私であった。

geppei

知人から「おみやげ」って、萬珍樓の月餅もらった~。
涙が出るほどうれしいね。

1㎏減。
スポンサーサイト
2007.07.04 Wed l diata l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chitosej.blog92.fc2.com/tb.php/59-6573d12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。