上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
taineko

東京・四谷に、たいやきの名店“わかば”があるでしょ。
そこから暖簾わけされたと聞いたことがある。
山形の“わかば”
シンドウさんのところで、たいやきの記事を読んで買いに走りました。
信号のある角を曲がったところから、もう香ばしい匂いがほわほわ~ん♪

ひとつひとつ炭火で焼く。
皮はパリッと。
あんこは尻尾までと言わず、はみだしまくり。
見た目はイマイチだけど、味はピカイチ。

いつ行っても先客がいて、「10個」「20個」は当たり前。
待たないと買えない。
そのかわり、いつも焼きたてなのだ。

taiyaki

「半分こ」ってする時、どうする?
頭と尻尾、どっちを取るか、大問題だよね。

昔、私の家は貧乏だったの。
サンマといえど、一人一匹出てきたことはなかった。
いつでも半分。
大人も子供も。
大きなお皿に、頭のほうと尻尾のほうで切られたサンマが盛られて出る。
それを、ひとりずつ自分の小皿に取る。

おばあちゃんが言った。
「男の人が頭のほう、女は尻尾だよ」
頭のほうが少し大きく切ってあった。
でも子供だった私は、苦いお腹のところより、骨の少ない尻尾のほうがうれしかったっけ。

たいやきも、子供4人で2匹を分けたりした。
頭のほうが大きく見えて、あんこも多そうで、そっちを欲しかった。
でも末っ子だったから、尻尾。

そんなことを思い出しながら、たいやきを半分にちぎる。
頭も、尻尾も、まるまる一匹食べていいんだよね。
おばあちゃんは、一匹食べたことあったろうか。
スポンサーサイト
2007.04.28 Sat l 雑記2007 l コメント (8) トラックバック (1) l top

コメント

sumireさんへ
思い出してみるに、母は子供に「ちょうだい」なんて言ったことなかったような気がします。
私はしょっちゅう言ってる。
しょうもな~(笑)

手塚治虫さんの『どろろ』に、こんなエピソードがありました。
おなかをすかせた幼いどろろ。
お母さんは、寺の施しの粥をもらいたいと思う。
施しを受けようと列に並んでいる人たちは椀を持っているけれど、どろろの母はそれすらない。
器がなくてはやとれない言う僧侶。
やけどするのも厭わず、それを両手で受けるどろろの母。
こぼさないように持ち帰って、どろろに食べさせる。

私が理想とする母親像ですが、遠いかも。
2007.04.30 Mon l ちとせ. URL l 編集
ともちゃんへ
端っこ、端っこ、大好き♪

この店の難点は、不定休ってとこです。
「食べたい」と思って行っても、信号のところで匂いがしない。
いやな予感…休みだぁ~!!

たいやきだけで成り立っている店ってのは、なかなかないですもんね。
ここのたいやきの皮、ちょっと他ではないです。
よくあるフカフカのホットケーキみたいなのとは対照的に、薄くてパリッ。
小麦粉なんだけど、何か秘密がありそうです。

しっぽ派、けっこう多いみたいですね。
一番いいのは、無駄のないシラスの丸かじり?(笑)
2007.04.30 Mon l ちとせ. URL l 編集
小さいころの思い出は、自分が食べたことしか思い出せず
親がどんな思いで子供たちに食べさせていたのか
今になって胸にじんとよみがえってきます。
これも、自分が子供たちの親になってわかることなんでしょうね。
子供たちの喜ぶ顔は親にとってのよろこびなんですね。
でも、ちょっとちょうだいなんていうことも(笑)
2007.04.29 Sun l sumire. URL l 編集
鯛焼き。売ってるお店が少なくて冷凍なんか買ってみますが
やっぱり焼きたてが美味しいでしょうねぇ。
あの端っこがパリッと焼けた感じもいいです。
我が義母も魚は頭を我が夫に上げたいようなんですが
夫も尻尾が好きなんです。毎回尻尾争奪選が起きます。
2007.04.29 Sun l ともちゃん. URL l 編集
シンドウさんへ
トラックバック、ありがとうございました。
シンドウさんのたいやきも、すごく美味しそうでした。

今は、一匹ずつ焼く型は減っているらしいですね。
効率、悪いもん。
でも、ここは頑固みたいで、守り続けてます。
おかげで、ぱりっとした美味しい皮が食べられる♪

冷めたら、アルミホイルに包んでオーブントースターで焼きます。
そうすると、皮がかなり焼きたてに近くなる感じ。

おばあちゃんは、お金持ちの人に望まれて子供もいたけど、それを捨てておじいちゃんと一緒になったって聞いた。
ずーっと貧乏だったけど、幸せだったかなって時々考えます。
2007.04.29 Sun l ちとせ. URL l 編集
マナミさんへ
「すぼら焼き」って初めて聞いた。
「太鼓焼き」ってのも、久しぶりに聞いた。
こっちでは「あじまん」
実家のほうでは「今川焼き」
ほとんど全部、同じ形と作り方のものだよね?

魚はしっぽが食べやすいよね。
よく動かす部分だからか、身がきしっとしてて美味しいし。
私もしっぽ派&マグロの赤身派~。
でも、中トロくらいまでなら、喜んで食べるん♪
大トロは炙りにしてくれれば、喜んで食べるるん♪
2007.04.29 Sun l ちとせ. URL l 編集
匂いに誘われて♪
炭火で焼いたタイ焼きですか!なんて贅沢なんでしょう~。
タイ焼きは、あんこと同じくらい皮も大事で、これがパリッとしていると
ついつい手が伸びて、いくらでも食べてしまえそうです。

食べたいものをいくらでも食べられるって、本当に幸せなことですよね。
ちとせさんのおばあちゃん、きっと、家族のみんなが
おいしそうに食べる姿を見るのが、一番幸せだったのかな。

リンクとトラックバックありがとうございます。私からもTBさせていただきました。
2007.04.28 Sat l シンドウ. URL l 編集
たい焼き
こっちの方では、たい焼きって少なかったな~(今でも少ない)
たい焼きが太鼓焼き(ずぼら焼き)になるんだよねぇ。
多分、材料も味も一緒だと思うんだけど、形が違うだけ(笑)
だから何処から割っても、おんなじだったなぁ(笑)

お魚は、焼きでも煮物でも私は尻尾の方がすきだった♪
お腹の方って、けっこう脂気が多くて、パサパサ好きの私はいつも
尻尾の方を貰ってましたねぇ(^^)今でも尻尾の方もらいます(笑)
ハゲだけは、肝が美味しいから頭の方貰うけど(^人^)♪
マグロでもトロ、中トロ、大トロは苦手・・・赤身が好きなの♪
2007.04.28 Sat l マナミ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chitosej.blog92.fc2.com/tb.php/41-0092f6b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
今日は、久しぶりにスタジオで歌ってきました^-^♪ るんるるん。 録音のために使
2007.04.28 Sat l 日々是歌♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。