上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
腰掛庵

天童のおまんじゅう屋さん。

おまんじゅう屋さんの暖簾、気をつけて見たことある?
左の木の看板は赤だけど、奥の店の前には白い暖簾がかかっているのが見えるかな。
これはもう昔から、そう決まっている。
まんじゅう屋は白。

かつては、暖簾の色で商いが知れたのでありました。
「暖簾を分ける」と言えば奉公人に店を出させて援助することだし、「暖簾に傷がつく」と言えば店の不祥事をさした。
「暖簾を守る」は、商人の心意気。

呉服屋さんは紺色。
この色を出す原料の藍は、防虫効果があるので。
茶色は料亭など。
青緑色は、芝居茶屋など遊ぶところ。
そして白は、薬屋やお菓子屋。
砂糖の色だそうで。
(昔は精製しなかったから、砂糖は真っ白ではなかったけど)

文字を読めない人が多かっただろうから、これはわかりやすい。
暖簾が出ていれば営業中ってのも、わかりやすい。
(自動ドアのすみっこにちっちゃな札で「本日休業」って下がってても、遠目じゃわからなくて近くまで行って「なあんだ~」ってガッカリ…ってよくあるよね)

店内

今回は、今の季節だけしか出ない「苺わらび」を買いに。
でもついつい、醸まんっていうおまんじゅうも買ってしまった。
たっぷりと。
だって、ここのはすごくおいしいんだもの。
賞味期限短いし、そんなに遠くないんだから、少し買えばいいのにね。(笑)

腰掛け

「腰掛庵」の名前は、この腰掛けからきています。
安政3年(1856)に建てた酒蔵の梁を使ってます。
その酒造業は今、出羽桜酒造という大きな会社になって、ここから歩いてすぐのところに。

だから、酒粕を使った「醸まん」がこの店の一番大事なおまんじゅう。

猫びより

この表紙、腰掛庵の看板まねき猫ちゃんです。
外に自由に出してもらってるみたいで、運がよければ会えるかも?
「たまちゃん」といいます。
スポンサーサイト
2010.03.11 Thu l 雑記2010 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chitosej.blog92.fc2.com/tb.php/204-11c790bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。