上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
『沈丁の香りをのせて風素直なる』
嶋田一歩

jinchouge

スポンサーサイト
2007.03.27 Tue l いちよう l コメント (0) トラックバック (0) l top
shaga

『刻(とき)経るにつれてさびしや著莪の花』
(鈴木真砂女)
2007.03.26 Mon l いちよう l コメント (0) トラックバック (0) l top
ooinunofuguri

『ひと言を温めてゐる小春かな』   
(島田藤江)
2007.03.26 Mon l いちよう l コメント (0) トラックバック (0) l top

keyaki

葉っぱをおとした。
冬の木はいい。
裸の木々のすがたはいい。
ごつごつした古い木などは特にいい。
硬くて落ちついていて実にいい。

霜柱にかこまれて。
寒さのなかにたっている。
裸の木々の美しさ。

木々や幹のなかを。
力が流れているような気がする。
夢がいっぱいつまっているような気がする。
白い炎が燃えているような気がする。

(草野心平)
2007.03.26 Mon l いちよう l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。